あなたは普段どんな油を摂っていますか?

oil

世の中にはたくさんの種類の油が溢れかえっています。スーパーの棚に並ぶ油を見てみても色々な油があるのがわかりますよね。

そこで、その油のほとんど…いや全てが体に悪い油だと言われたらあなたはどう思うでしょうか?

恐ろしいですが、残念なことにそれが現実なのです。

サラダ油はあぶない!実は危険な油だらけ!

一般家庭で多く使われる油といえば、サラダ油がダントツではないでしょうか。また一概にサラダ油といってもこれは植物油の総称で、【サラダ油】に当てはまるのはJAS(日本農林規格)で認められた以下の9種類の油になります。

  • 紅花油
  • ひまわり油
  • 綿実油
  • 大豆油
  • コーン油
  • ごま油
  • 米油
  • 落花生(ピーナッツ)油
  • キャノーラ(菜種)油

いかがでしょうか。これらのサラダ油を日常的にあなたも使っているのではないですか?実はこの「サラダ油が危険」ということで、現在警鈴を鳴らす本がたくさん出版されているんです。

体に悪い、危険、と言われる主な要因は何なのでしょう?それは、これら植物油に含まれている「リノール酸」だと考えられています。

このリノール酸が体内で炎症を起こし、その炎症が原因でがんや動脈硬化、糖尿病やアルツハイマー病などさまざまな病気を引き起こすと言われているのです。

今まで普通に当たり前のように摂っていた油がこんなに危険なものだったなんて…と思うとショックですよね。私もはじめに知ったときは衝撃でした…しかしまだ終わりません。

サラダ油に限らず、その健康効果が大々的に宣伝されているオリーブオイルやダイエット効果も期待できると話題のココナッツオイルに関しても不穏な噂を聞いてしまったのです…深裂なオイル事情を目の当たりにした瞬間でした。

icon-check-b-rしかし「全ての油が体に毒か?」と言うと、そうではありません。実は、現代人に必要不可欠で、健康的な日々を応援してくれる「体にいい油」もちゃんとにあったのです!

体にいい油はずばりオメガ3脂肪酸系の油!

sakana

少し難しいのですが、油には脂肪酸というものが含まれていてその脂肪酸にもいくつもの種類があります。

サラダ油に多く含まれているのはオメガ6系の脂肪酸です。そして、そのオメガ6脂肪酸に対抗するような働きをしてくれるのがオメガ3脂肪酸というわけです。

例えば、血液をドロドロにするのがオメガ6脂肪酸なら、オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにしてくれます。これはオメガ3脂肪酸に豊富に含まれる健康成分、DHA・EPA、そしてαリノレン酸のおかげなんですね。

icon-point-b-r完全な悪者ではない!脂肪酸はバランスが大事


誤解のないように言うと、オメガ6脂肪酸に含まれるリノール酸も完全な悪者ではありません。体を正常に機能させるのに無くてはならないものです。要はバランスが大事で、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは4:1が理想的と言われています。しかし現代の私達はこれが完全に狂っていて、ひどい場合だとその比率が40:1などと言われているくらいです。それだけオメガ6脂肪酸のリノール酸が含まれる植物油、またその植物油を使った食品が溢れかえっているということです。

だからこそ意識して摂りたいのがオメガ3脂肪酸を含む油です。このオメガ3脂肪酸を多く含む油といえば、青魚の脂、亜麻仁油(フラックスシードオイル)、えごま油(しそ油)などが有名です。

ただ魚は苦手な人も多く、調理法によっては栄養素がガクッと減少してしまい大量に摂らなければならない…という欠点もあることから、近年では亜麻仁油やえごま油に注目が集まっています。

icon-finger1-r 管理人が愛用している亜麻仁油をご紹介!

top魚が苦手な管理人は、もう長いこと「体にいい油」として注目されている亜麻仁油を愛用しています。亜麻仁油は注目されるようになって種類もかなり豊富になりましたが、まがい物が多いのも事実…。そんな中、管理人が信頼して愛用しているのはこちら「オメガニュートリション社製の亜麻仁油」です。どんな特徴があるのか?写真入りでレポートしています。

>>記事の続きを読む

魚も油も続かなそう…と思われているあなたへ

naki

魚だけでなく、亜麻仁油やえごま油も続けるのが難しい…とお考えのあなたへ。

たしかにこれらの良質な油は少々使い勝手が悪いのもまた事実です。一般的に加熱はNGですし、常に酸化に気を付けなければいけないのでちょっと気疲れしてしまうかも…。味や匂いが苦手な人にとっても辛いものがあるでしょう。

そこで、健康的な油の成分をもっと手軽に摂り入れたい方に選ばれているのが「DHA&EPAのサプリメント」です。

亜麻仁油やえごま油に豊富に含まれるαリノレン酸は、その一部がDHAやEPAに変換されますが、それはごくほんの一部。そう、油だけではどうしても不足してしまうんですね。

もちろんαリノレン酸自体を摂取することも大事なのですが、不足分のDHA・EPAを補うならサプリメントが断然効率的なんです。

魚や油を毎日摂り続けるのが難しいなら、まずはササッと手軽に飲めるサプリメントを始めてみませんか?

⇒【2018年度版】DHA&EPAサプリメントランキングへ

コメントは受け付けていません。