色んな意味で幻!かやの実油について調べて分かったこと【効果効能】

まだ名前の知らない油が世界中にはたくさんあるんだなぁと、新しい油を見つけるたびに思います。

それは自分の住んでいる日本でも…最近「かやの実油」という油があることを知りました。

おそらくほとんどの人が使うのはおろか、私と同じように「名前も知らなかった」人が大半でしょう。

今回は、色んな意味で“幻”だと思った「かやの実油」に迫ってみたいと思います!

スポンサーリンク

かやの実油とは?

その名の通り、かや(榧)の実から搾られる油のことです。

歴史は古く、縄文時代から食べられていたことが分かっています。食用油としてのほか、灯りや頭髪用の油としても活用されていたみたいですね。

そして「かやの実油」を、昔の人は大絶賛しています。なんでも大正時代の文献では「最高級の植物油」との記述があったそうな。

まぁ今よりもずっと油の数は少なかったでしょうが、それでも優れている点が多々あったからこその↑の言葉ですよね。

因みに原料の「かやの実」は見た目がアーモンドに似ています。(と私は思いますw)

このオイルの特徴としては「風味が良い」ことが1つあげられます。

その風味は、軽い甘みを持ち、森林のような爽やかさを感じられるのだとか…。

正直まったくどんな感じか分からないのですが(笑)その独特の風味も「最高級~」と言わしめる所以だったのかもしれません。

とっても希少!「幻の油」と言われる理由

日本人のほとんどの人が知らないと思われる「かやの実油」。それは言わずもがな、それほど世に出回っていないからです。

そして、その理由は「希少であまり作れないから」という超シンプルなもの。

かやの実がなる「カヤ(榧)の木」は、成木になるのにじつに300年もの年月を要するうえ、最近はカヤの木自体の数も少なくなってきているそうです。

原料の生産が少ないので、当然そこから得られる「かやの実油」の生産数も少なく、なかなかお目にかかれない「希少な油」となってしまうわけですね。

さらに、ほかのナッツと比べると、製造にもちょっとした手間がかかるようで、その点も要因の1つとなっています。

「幻の…」なんて言われたらワクワクするし、手に入れたときの満足感も大きいですが、何と言っても値段が高い…!

油に限らずですが、希少なものを試すなら相応の覚悟が必要と言えそう。

スポンサーリンク

かやの実油に期待できる効果効能って?

かやの実油で特筆すべき栄養成分は「ビタミンE」と「シアドン酸」です。

ごまより多いビタミンE

高い抗酸化パワーを持っているビタミンEは、健康にも美容にも嬉しい効果が期待できる万能ビタミン。

脂質の酸化を抑えて、動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。

残念ながら「かやの実油」にどれほど含まれるかは分からなかったのですが、原料の「かやの実」の場合は、20~30g食べると1日の必要量に届くそうです。

ほかには含まれないシアドン酸

私も初めて聞いたのが、この「シアドン酸」。なんでも“かやの実だけ”にしか含まれないとっても珍しい不飽和脂肪酸だそうです。

シアドン酸については、ラットによる実験で、

  • 血液や肝臓の中性脂肪、コレステロール値を下げる働き
  • ほかの不飽和脂肪酸による血小板凝集作用を抑える働き

があることが分かっています。

もしかすると2番目の「ほかの不飽和脂肪酸~」は、リノール酸のことかな?

血管が傷ついたときに血を固めて塞ぐという大切な働きですが、いきすぎる(過剰すぎる)と血液ドロドロ状態になってしまうので厄介なんですよね。

(でも「かやの実」にもリノール酸は多く含まれるし…うーん、難しいです。。)

 

以上のことから、「かやの実油」は…

体内の脂質を調整、血液状態を健康にして動脈硬化、高脂血症や脂肪肝の予防や改善に効果的

であることが分かりました。特に、ほかにはない「シアドン酸」の働きに注目ですね。

かやの実油の使い方

ネットでの情報が少ないので、商品ページの説明を見てみました。

すると、かやの実油の使い方としては、「他の油と混ぜて天ぷらに」「サラダ、パンにかける」「パスタやピザに使う」などがあるようです。

天ぷらに使えるということは「加熱してもOK」の油ということですかね。(※その際混ぜるのは太白胡麻油や米油がいいらしい)

生でももちろんOKです。先にも書きましたが、「ほんのり甘みがあって森林のようなすっきり感」があるそうなので、サラダにそのままかけると、その独自の風味を味わうことができるのではないかと思います。

ただ、加熱でも生でも共通しているのは「少量使い」がいいのではないかということ。

健康の面でももちろんなのですが、何せお値段が高いので(汗)

例えば↑の天ぷら。どうせなら100%かやの実油だけでもよさそうなものですが、あえて「混ぜて…」とするのは、やっぱり大量に使うのは想定されていないからじゃないかと(笑)

「風味付けにちょこっと」がちょうどよさそうです。

かやの実油を買うなら?【通販情報】

希少な「かやの実油」はやっぱり通販サイトでの取り扱いもめちゃくちゃ少ない!

でも無いわけではないので、見つけた商品をご紹介しますね。

鹿北製油 幻のかやの実油

amazonでヒットしたのはこちらの「かやの実油」だけでした。

ほかにも良質な油を多数販売されている鹿北製油さんのかやの実油。

100gで1,620円…と十分お高いのですが、でもほかに比べるとまだリーズナブルなほうです。

同メーカーで、別に「幻の…」が付かないものもありましたが、説明に詳しいことが書いていないので違いがよく分からず。。

製法が違うのかな?良質なのはこっちだと思います。

グリーンポケット飛騨 榧の実(かやのみ)オイル

amazonにはありません。楽天のみ。

こちら50g(お試し)で2,160円する超プレミアムオイル!それだけ希少なのでしょうが、それでもすごい価格です。

岐阜県産のかやの実を使用。無添加、薬品は不使用ということなので、圧搾法で抽出されているようです。

香ばしい風味が人気。

「榧工房 かやの森」 榧の実 食用油

amazonや楽天には売っていない、公式サイトでのみ販売されているのが、こちらの「榧の実 食用油」。

かやの実専門、苗作りから一貫して自社生産されている会社なので「かやの実油が欲しい!」あなたは一見の価値あり。

国産(高知)原料100%で、お値段は100mlで2,484円です。

「榧工房 かやの森」の公式サイトへ

かやの実油の気になるところ

幻と言われるくらい希少なプレミアムオイル…かやの実油。

体によい効果が期待できる唯一無二の脂肪酸が含まれていたりと、魅力的に感じるポイントは多いものの、やはり気になるのは「リノール酸」の存在です。

 かやの実油の脂肪酸組成

  • リノール酸:50%
  • オレイン酸:30%
  • シアドン酸:7~10%

その半分がリノール酸を占めている、紛うことなきオメガ6系の油。

安価なサラダ油と比べると、原料が希少ということもあり“危険な製法”で作られてはいなそうですが(詳細は不明です)、やはり摂りすぎ注意なリノール酸が多すぎる…という印象。

もっともドバドバと使えるお値段ではないので、買ったとしても少量に留める方が多いと思いますが、↑のことは一応知っておいたほうがいい知識としてご紹介しました。

高級品で贅沢な気分を味わえるオイルだと思うので、嗜む程度にほんの少し、活用されるのがいいのではないでしょうか。

まとめ

幻の油「かやの実油」についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

昔の人が愛した「最高級の植物油」…うーん、ちょっと惹かれてしまいます(*´Д`)

気になるところはありますが、お値段的に普段使いには向かないのでその点は安心かなと(笑)

「嗜好品」という括りでちょこっと試してみるのもアリかもしれません!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。