管理人の体験レポート

本当に加熱していいの?アリーガ亜麻仁油を使ってみた正直な感想

加熱できない油はやっぱり使いにくい…

「体にいい油」としてオメガ3脂肪酸が豊富な油が人気ですが、“加熱できない(向かない)”という致命的な欠点があることで敬遠しがちな方も多いようです。

しかし!その常識を180℃覆す「加熱できるオメガ3」の油として「アリーガ亜麻仁油」が話題になっています。

今回は、実際に買って使ってその感想をレポートしてみました。

アリーガ亜麻仁油の「3つ」の特徴は?

にわかには信じがたい加熱できるオメガ3!?

「オメガ3は酸化しやすいから加熱できない」ということが一般的でしたが、なんとアリーガの亜麻仁油は「加熱してもOK」とのこと。

なんでも、独自のフィルタリング技術を用いて、不純物や可燃成分だけをミクロ単位で除去しているのでそれが可能となったそうです。

うーん、字面だけの説明だとよく分かりませんが(汗)しかし、発煙点が250℃とかなり高いこと、高温で加熱してもオメガ3がしっかり残っていることは専門の調査機関が証明しています。

加熱用として使えれば、毎日の料理に自然に取り入れることができますし、消費も早くてより新鮮な内に使い切ることができます。

サラダ油の代わりのように使えるのはやっぱり便利ですよね。

原材料、製法も◎品質面も軽々クリア!

アリーガの亜麻仁油は、品質面もしっかりしています。

まず、原材料は、遺伝子組み換えではないカナダ産の有機の亜麻の種子を使っています。やっぱりオーガニックは安心感がありますね。

それからもちろん「コールドプレス(低温圧搾)」製法です。

完成品は熱に強くても、この段階で高温を加えたら栄養素が壊れてしまいます。(↑の独自のフィルタリング~の工程はおそらく搾ったあとにされているはず。)

化学薬品、添加物は不使用。GMP認証工場で製造している点も安心度をはかる基準になりますね。

レビュー評価が驚異の☆4.5!【アマゾン調べ】

願ってもない商品に思えても実際は評判があまりよくなかった…ってこと、結構ありますよね^^;期待が大きかった分ガッカリしてしまったり。

ぶっちゃけアリーガ亜麻仁油もそんな感じなのかな~とちょっと疑っていたんです。ところがどっこい!

アマゾンで調べてみたら、レビュー評価が驚きの☆4.5!想像以上に高いじゃないですか。

口コミを見たら、やっぱり「オメガ3なのに加熱できる」というところが人気みたいです。(まぁそれがコンセプトなので当然ですが・笑)

とはいえ味の感じ方はひとそれぞれのようなので、失敗したくないあなたは、ぜひアマゾンの購入者さんの口コミを参考にしてみてください。

アリーガ亜麻仁油を買ってみました

※使ったことがある亜麻仁油が今愛用中の「オメガニュートリション社」のものだけなので、ちょこちょこオメガ社との比較が入りますがご了承ください(;´∀`)

アマゾンでアリーガ亜麻仁油を購入。

容量は250ml入りで、価格は1,780円でした。

私が普段愛用しているオメガニュートリション社のものと、大体同じくらいのサイズと価格です。

おそらく“良質な亜麻仁油”の相場がこのくらいなのかなと思います。

カナダ製なので表の表記は英語ですが、裏面のラベルは日本語なのでご安心を。

遮光瓶なので光による酸化を防いでくれます。

フタの部分はこんな感じになっています。ここをピーっと引いて剥がしていきます。

剥がすとこのように。また黒いキャップが出てきました(笑)

キャップを取ってみた図。オメガ社のものは、ここでさらに白い内ブタで密封されていましたが、こちらは無いですね。

でもキャップがしっかり閉まっていれば(未開封の状態)平気かな?

それはそうと、この形。何やら段々になっていますね。しかし、この形が画期的でした!

液垂れ(油垂れ)がしないのです。

注ぎこぼれた油も、下の溝に落ちるようになっています。

オメガ社のものも、切り込みを入れるなどの工夫で、かなり量の調整や液垂れが改善しましたが、それでもフタの縁まわりに付いた油を拭き取るのは必須でした。

でもこれなら必要なし!

(とはいえ、はじめはよかったのですが、やっぱり蓄積しているものがあったようで最後のほうは少しふちまわりの油感が気になりました^^;たまに拭き取るようにするといいかもしれません。)

お皿に亜麻仁油を出してみました。黄色が濃いですねー!(ちょっと水が入ったかも;)

亜麻仁油の中でも精製されて透明っぽいものもあるようですが、それはちゃんとにオメガ3(αリノレン酸)が残っているのか?と少し心配になってしまいます。

オメガ社の亜麻仁油も綺麗な濃い黄金色をしているので、個人的に、この色が“本物の亜麻仁油の色”だと思っています(・∀・)

アリーガ亜麻仁油の味の感想は?

アリーガ亜麻仁油の味をたしかめるために、ちょっと舐めてみました。

どんな味かというと…オメガ社のものとほとんど同じ。

嫌な生臭さはないけど少し魚っぽく、まろやかな感じです。ただ、こちらのほうがちょとだけ苦味が強い感じがしました。

とはいえ美味しい亜麻仁油です。醤油と合わせたら美味しいドレッシングになりそう^^

消費の目安は3~4週間

基本的に亜麻仁油などのオメガ3系の油は、開封したら「1ヶ月以内」で使い切るのが良しとされています。

でもオメガ社の亜麻仁油の目安は「6週間」とちょこっとだけ長い。(まぁでも早ければ早いほどいいのは間違いないです。)

かわってこちら、アリーガ亜麻仁油の目安は「3~4週間」です。まぁ一般的なんですが、少し短いでしょうか。。

熱に強いということでもうちょっと長くてもいいような気がするんですけどね。

それはそうと、1つ気になったことが。

はじめは気にならなかったのですが、3~4週間経って「そろそろ少なくなってきたかな?」というときに、何だかやけに苦いな~と感じるようになったんです(汗)

もともと苦味が強めと思っていたものの、オメガ社の亜麻仁油は同じくらい経ったものでもそんなことは思わなかったので、そこがちょっと気になりましたね。

私の完全な思い違いである可能性も大いにありますが(;・∀・)

結局生で使い切ってしまった(汗)

さて、こちらアリーガ亜麻仁油の最大の特徴が「加熱できる」という点です。

  • オメガ3は摂りたいけど生で油を摂るのは苦手
  • 生、加熱用と油を別々に分けるのが嫌
  • 1日小さじ1杯じゃなかなか消費できない

加熱できる亜麻仁油なら↑の問題はオールクリア!だからこそ話題になっていて、購入されている方から高い支持を得ているのです。

でも、私は結局生のまま使い切ってしまいました(´・ω・`)

1回くらい加熱に使ってどんなだったかお伝えできればよかったのですが、私は生のまま摂っても平気(&やっぱり加熱することに若干抵抗があった・笑)なのでつい…。

そこで体験者さんのレビューで加熱して使ってみた方の感想を見てみました。

普通の加熱調理ならほぼオメガ3が残っていることは証明されているので、やはり1番の問題はその味ですよね。

その点は…

「やっぱり味にクセがあるから加熱しても気になる」という人もいれば、「生は無理だけど加熱なら大丈夫」という人もいて色々でした。

味の感じ方にも個人差があるので、こればっかりは試してみないと分からない、難しいところですよね^^;

亜麻仁油を生で摂るのが苦手なら、一度「加熱して使える」今回のアリーガ亜麻仁油はぜひ試してみて欲しいなと思います。

まとめ

加熱OKなオメガ3オイル「アリーガ亜麻仁油」の感想でした。

加熱できるところが売りなのに、それをしなかった自分(笑)あまり参考にならなかったかもしれませんが、高品質の条件はクリアしているのでその点は安心かと思います。

置いておく油は必要最低限がいい、生の亜麻仁油はどうしても苦手…そんなあなたにおすすめです^^