管理人の体験レポート

ナチュラルヘルシースタンダードのホワイトチアシードを試してみた

前々から興味があった、オメガ3が豊富に含まれるスーパーフード「チアシード」を試してみることにしました。

※チアシードについてはこちらにも詳しく書いています↓

あわせて読みたい
αリノレン酸が多いダイエット食材「チアシード」についてのまとめ亜麻やえごまの種子に多く含まれている健康成分「αリノレン酸」の含有量が凄い、ということで注目されているのがチアシードです。 見た目...

チアシードは現在たくさんの種類が販売されていますが、今回選んだのはNatural Healthy Standard(ナチュラルヘルシースタンダード)さんのホワイトチアシード!

初めて試すのにはぴったりのサイズで(200g入)パッケージもシンプルで可愛いのが決め手となりました。

油とは直接関係ありませんが、オメガ3という貴重な脂肪酸をトップクラスで含んでいるのでこれは黙ってはいられません!(笑)興味のあるあなたはぜひご覧ください。

チアシードをおすすめしたい人は?

  • 毎日手軽に続けられる健康法を探している!
  • 美味しくストレスなくダイエットがしたい!
  • 亜麻仁油やえごま油が苦手だけどオメガ3を摂りたい!
  • タピオカのような食感が好き!
  • ヨーグルト、スムージーを毎日摂っている!

特徴や成分について

名称…チアシード
原材料名…チアシード
内容量…200g
栄養成分(100gあたり)…エネルギー444kcal/たんぱく質17g/脂質30.8g/糖質8.4g/食物繊維32.4g/ナトリウム0g/鉄6.19mg/カルシウム553mg/マグネシウム349mg/コレステロール0mg
オメガ3脂肪酸20.7g/オメガ6脂肪酸6.09g/オメガ9脂肪酸1.99g
1日目安…大さじ1杯(約10g)

特に栄養価が高い「メキシコ」のチアシードを使用!

ナチュラルヘルシースタンダードのチアシードは、チアシード発祥の地として知られるメキシコ原産のものを使用。産地によって違いが見られる栄養価ですが、メキシコ産のものは特にオメガ3や食物繊維が豊富なのが魅力です。

徹底した品質管理で毎日安心して食べれる!

健康のためには毎日しっかり継続することが大事。そうなると気になるのがその安全性ですよね。ナチュラルヘルシースタンダードのチアシードは国内工場でしっかり袋詰め。セシウム、ヨウ素などの検出検査をしっかり行っており、徹底した品質管理には自信があります。

お試し単品~お得なまとめ買いから選べる!

初めてだから…という方はもちろんお試しで単品購入OK。でもチアシードの良さを知っているならお得なおまとめ購入がお得です。2点で10%、3点で15%OFFになるから、質のいいチアシードを賢くお得にゲット可能。単品でも送料無料なのが嬉しい。

ナチュラルヘルシースタンダードのホワイトチアシードをレビュー!

こちらがナチュラルヘルシースタンダードのホワイトチアシードになります。黒いチアシードも売っていますが、今は大体どこも白いチアシードが主流。黒よりも白のほうが栄養価が高いらしいです。

今回は初めてお試し…ということもあり、このサイズ感は丁度いいですね。たっぷり買って合わなかったら無駄になってしまいますから^^;

中身はこのような感じになっております。全部真っ白!というわけではなく、ちょっとだけ黒っぽいもの(ブラックチアシードや取り切れなかった茎や葉っぱなど)も混じっています。

これは大抵どのホワイトチアシードでも同じで、完全に取り去ることは難しいみたいです。

チアシードの1日の摂取目安量である大さじ1杯をサラッと器に出してみました。うーん、やっぱりごまに似てる(・∀・)

この大さじ1杯(約10g)の中に、↓これだけの栄養が詰まっています。

  • オメガ3:2.48g
  • たんぱく質:20.4mg
  • 食物繊維:3.9g
  • マグネシウム:41.9mg
  • 鉄:0.74mg
  • エネルギー:53.3kcal

まさにスーパーフード!古くから原産国の方の健康を支えてきたんだなぁとしみじみと実感。

特に、ここまで話題になった大きな理由であるオメガ3の含有量が凄い!

厚生労働省が推奨する1日のオメガ3の目安量は「男性:2.1~2.4g、女性1.8~2.1g(上限なし)」とのことですが、こちらのナチュラルヘルシースタンダードのホワイトチアシードなら、上記の通り、大さじ1杯で2.48g含有しているので、これだけで目安量をクリアできてしまうんです。

ただ、豊富に含まれているということは過剰摂取にも気を付けなければいけないのかな、と。。

チアシードの摂り過ぎもいけませんが(カロリーも思いのほか高い)、他にオメガ3が豊富な食品を摂っている場合も少し気を付けたほうがいいかもしれません。

さて、チアシードは発芽毒の心配があるそうで基本は水に浸したものを使うのが良いようです。

…というわけで丸一日水に浸してみたのが写真のもの。分かりやすいように同じ分量(大さじ1杯)のホワイトチアシードも並べてみました。

おー!明らかに膨んでる!体積(?)が全然違う!

そう、チアシードの最大の特徴は水に浸すと膨らむこと。10分で10倍に、1時間で14倍にも膨らみます。そうして胃の中で膨らむことで食欲を抑え、結果ダイエットに効果を発揮してくれるんですね。

しかし…実は「もうちょっと膨らむんじゃないかと思ってた」…というのが本音^^;

ただ、これは私のやり方がいけなかったせいかもしれません…。というのも、水を入れてよくかき混ぜもせずにすぐに冷蔵庫に入れてしまったのですが、調べてみると、冷たい水ではなかなか膨らまないとのこと。。

常温で少し置いておいてから冷蔵庫に入れれば良かったのかも?でも丸一日浸しているし、やっぱりこれが限界なのかも…?これは再度試して確かめてみる必要がありそうです。

冷蔵庫の中に開封してから結構日が経ったプレーンヨーグルトがあったので、少々危険な香りを感じつつも使ってみることに((((;゚Д゚))))ガクガク

ついでにバナナもトッピング。

チアシードの周りのプチッとしたゼリー状の食感が楽しい♪普通にヨーグルトを食べるよりもこの楽しい食感が加わると美味しさも1ランクアップするような気がしますね。

ただ、今回はヨーグルトが少なかったことと、チアシードと一緒に水分も多く入ってしまったので何だか水っぽくなってしまいました…。これだと飲むヨーグルトに近いかもしれない。まぁそれはそれで美味しいですが!

因みに何故か10倍の水で戻すと勘違いしていた自分…そんな記載はどこにも無いのに(笑)水については、たっぷり入れて最大限膨らませるのもいいでしょうし、チアシード大さじ1に対して水を大さじ6など…ベストな水分量を見極めてもいいと思います。

無味無臭なので色んなアレンジをして楽しみたいですね!

ナチュラルヘルシースタンダードの公式HPへ

まとめ

チアシードはスイーツ系との相性がいいので、特に亜麻仁油などの油が苦手な女性にはうってつけかと思います。オメガ3は自分にぴったりの方法で補えば良いのです。

私はドレッシングにしたりと油も使っていきたいし、DHA・EPAを摂るならやっぱりサプリが便利なので、全てバランスよく取り入れていけたらいいなと思います。