人気の太白ごま油「九鬼」と「マルホン」を比較してみました

サラダ油の代用としておすすめの太白ごま油。

生のごまから絞れる太白ごま油は、無味無臭で用途を選ばず、加熱料理に安心して使えるのが魅力です。

そんな太白ごま油ですが、メーカーでは「九鬼」「マルホン」の2つが有名です。

今回は「どっちを選んだらいいの?」と悩めるあなたのために両者を比較してみました。ぜひ参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

九鬼とマルホンの太白ごま油を比較!

太白ごま油の2大巨頭である「九鬼」「マルホン」

と言うより、amazonで太白ごま油を調べるとこの2つしか出てきません(笑)←楽天には「かどや製油」というメーカーのものもありました。

竹本油脂…というメーカーもあるかな?と思いきや、これマルホンと同じものでした。

正確には、メーカーが竹本油脂で、ブランドがマルホン。商品名にそれぞれ別で載っているものもあってややこしいです(-_-;)

…というわけで、太白ごま油を選ぶならほぼ「九鬼」か「マルホン」の2択になるかな~というところ。

前置きが長くなりましたが、早速両者を比較してみたいと思います!

※公式サイトや商品ページから得た情報を元に作成。

  九鬼 マルホン
値段 100g当たり約170円 100g当たり約150円
容量 340g、600g、1600g、1650g 150g、200g(製菓用)300g、450g、700g、1400g、2800g
抽出法 低温圧搾法 圧搾法
原料産地 アフリカ産(ナイジェリア、ブルキナファソ等) 主にアフリカのタンザニア、ナイジェリア、ブルキナファソ
用途 炒める、焼く、揚げる、生のまま等何にでも。 炒める、焼く、揚げる、生のまま等何にでも。
安全性 農薬検査、細菌検査を実施。
生産者訪問で堅固な品質管理体制。
放射能検査:簡易検査を月1で実施。年1回セシウムを社外で測定。
農薬検査:第三者機関による検査を実施。(項目は約500種類)
メーカー 九鬼産業 竹本油脂
賞味期限 (未開封)缶・着色瓶:2年、透明瓶・600gポリ容器:1年半、1650gポリ容器:1年
(開封後目安)2~3ヶ月
(未開封)缶:2年、無着色ガラスビン:1.5年、ポリビン:1年
(開封後目安)1~2ヶ月

※原料産地についてはサイトや商品ページを見てもよく分からなかったので、こちら(すけろっこちゃんのブログ)を参考にさせてもらいました。※2014年当時のものなので今現在の詳細は不明。

※値段は、容量が多いもののほうが割安になるので、各容量の平均(かなりアバウト・汗)になります。

スポンサーリンク

比較してみた結果…

曖昧な項目も多いですが、比較してみた結果はこのようになりました。

ぶっちゃけてしまいますと…

どっちも同じような感じ

です(笑)

お値段も大体同じくらいですし、ごまの原料産地もおそらく同じようなところから輸入していると思われます。

(因みに日本でのごまの生産量は年に200トンほどと少ないため、ごま製品のほとんどは海外からの輸入ものだそうです。)

安全性については、どちらも徹底されているな~という印象を受けました。やっぱり老舗の有名メーカーは違う!

ただ表を見てお分かりでしょうが、どちらかと言うとマルホンのほうが詳しく書かれています。

…そんな比較結果です。

でも比較したからにはどっちか「おすすめ」を決めなくては…!と思ってしまうのが人間(笑)

というわけで、私のおすすめは…

私のおすすめは九鬼太白ごま油!

おすすめは「九鬼」さんの太白ごま油にさせてもらいました。

ネットから得られる情報を見る限りでは、本当に両者にそれほどの違いはないと思うんですよね。

購入者さんのレビューを見てもどっちも良いです(笑)どっちも「☆4.5」以上の高評価なんですよ(・∀・)

でも…ちょっと待ってください。

「抽出法」のところを見るとちょっと違いがありますよね。

そう、九鬼太白ごま油にはしっかりと「低温圧搾法」って書いてあるんです。

その点マルホンには「低温」の文字はありませんでした。十分手間をかけて昔ながらの圧搾法ではあるのですが…

(圧搾の前段階の「蒸煮」のときに高温処理がされるようです。)

でも実際のところはどうなのか。九鬼さんは「低温圧搾法」とは書かれてるけど、↑の蒸煮の処理はしないのかな…とかちょっと疑問はあります^^;

何と言うかネットの情報だけだと分からないことがいっぱいありますね~。。

今度この件で問い合わせてみようかな。(その際は追記しますね)

あとは、いつも愛用してるので贔屓目で選んだっていうのも…実はあったり(´ε` )w

※よければどうぞ↓
⇒ サラダ油の代わりにおすすめ!【九鬼太白純正ごま油】のレビュー

そんな感じで、選択肢があると迷ってしまいますが、今回の記事では、

どちらを選んでもそれほど変わりなし!

というのが私の結論になります。

まとめ

人気の太白ごま油、「九鬼」と「マルホン」を比較してみました。

結論は「どちらも変わりなく良質」と言えると思います。

どちらを選んでも「失敗」ということにはならないと思うので、まずはあなたがビビッときたほうを試してみてはいかがでしょうか。

簡単なのはどっちも試すことですね!選択肢が少ないのでその点は楽(笑)

さて、どっちでしょう。あなたは「九鬼派」?「マルホン派」?

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。