亜麻仁油を熱いコーヒーに入れるのはダメ?やかんピーの温度についても

体にいい油、必要な油は、毎日続けることが肝心です。

でもどんな簡単なことでも「毎日続ける」ってなかなか難しんですよねぇ…。できれば「毎日必ず摂っているもの」に入れれたらって思いませんか?

その内の1つが「コーヒー」。最有力候補に上がると思います。

でもコーヒーに亜麻仁油を入れるのって大丈夫なの?今回はそんな疑問にお答えしていきます!

スポンサーリンク

亜麻仁油をコーヒーに入れるのは平気?

さて、亜麻仁油をコーヒーに入れるのは大丈夫なのでしょうか?

なにせ亜麻仁油は「熱」に弱い油です。その点を考えると冷たい「アイスコーヒー」はOKです。

でも気になるのはそこじゃない!熱い場合のコーヒー(ホット)だよ!

…ですよね~(;・∀・)

その疑問を解消するためには「亜麻仁油は何度までなら加熱OKなのか?」を知る必要があります。

亜麻仁油は何度までなら熱に耐えられるの?

実はこの疑問、結構大事なことなのにはっきり知らなかったんですよね…。

亜麻仁油やえごま油のαリノレン酸、青魚のDHA・EPAを含めた「オメガ3脂肪酸」は熱に弱いよ。加熱には気をつけてね。

ってことぐらいで。

そこで今回改めて調べてみたのですが…情報が少なかったです(汗)

でも言及されてるサイトもありました。それによると…

  • 亜麻仁油の酸化スピードが上がる温度は「70℃以上」
  • αリノレン酸が変質する温度は「50℃以上」

とのこと。

そう、酸化と変質で温度が分かれていたんですね。…うーん、なんともややこしく面倒くさい(´・ω・`)

実際「そんな区切りがあったのか!?」と思ってしまいましたが(←まだまだ勉強不足)

とにかく、亜麻仁油を加熱するうえでの安全ラインは「50℃以下」と言うことができそうです。

※↑を証拠付けるように、私が愛用している亜麻仁油の商品ページに「49度以上の料理には使わないでください」との記載がありました。…はじめからここを見ればよかった!

50℃以下のお湯を入れたコーヒーならOK

ここまででは、まだ「亜麻仁油をコーヒーに入れても大丈夫?」の疑問の答えになっていませんね。

それでは答えをお教えしましょう!

50℃以下のお湯を入れたコーヒーならOK

です。

でも50℃以下ってぬるくない?(´・ω・`)

…そうですよね。せっかく疑問が解けたのに、また新たな問題が発生してしまいました。

でも亜麻仁油に豊富な有効成分「αリノレン酸」が変質しないギリギリの温度なので、それ以上はやめておいたほうがいい、と言わざるをえません。

しかし、これはあくまでも一般論。

こちらの「酸化」のページでも詳しく書いているように、著名な先生でもオメガ3オイルを普通に加熱して使っているそうなので(笑)

1日1~2杯のコーヒーに入れるくらいならそれほど気にしなくてもいいのかな、とも思います。

気になるなら、やはり諦めるか、少し冷ましてから亜麻仁油を入れるのがいいと思います。

スポンサーリンク

ヤカンが「ピー」と鳴る温度は?

あなたはコーヒーをどんな風にいれていますか?

うちはただの安いインスタントコーヒーで、ヤカンでお湯を沸かしてパパパッといれてしまいます。(本格的なのに憧れています。。)

今回の記事を書くにあたり、自分がいつもヤカンで沸かしてるお湯は何度なのか?が気になりました。

お湯が湧くと「ピー!」と音を鳴らせて知らせてくれるヤカンです。

いや、本当はこれもネットで調べてみたのですが、いまいち分からなかったのです(;´Д`)…「やかん ピー 温度」とか色々探したのにw

なのでうちの場合で実験です。

ピーと鳴ってすぐに止めた後、マグカップに注いではかった温度は「85℃」でした。

100℃ではないんですね。まぁ85℃でも十分熱いので、やっぱりすぐに亜麻仁油投入~はよくはなさそう^^;

「亜麻仁油」×「コーヒー」の評判

今回の記事を書くにあたり、私が「温度」よりも疑問に思ったこと、それは…

コーヒーに亜麻仁油ってどうなの?

ということ(笑)

ココナッツオイルとかバターとかはよくあるけど、亜麻仁油!?と。

まぁおそらく合う合わないとかじゃなくて、コーヒーに入れて手軽に摂りたいということだと思いますが。

それでもその評判が気になったので、調べたところ…

  • 美味しくも不味くもない
  • 慣れれば気にならない

というような声が…。

どうやら

「亜麻仁油」×「コーヒー」=美味しさ?

は期待しないほうがよさそうです(笑)

まとめ

亜麻仁油にコーヒーを入れることについて書いてみました。

普通のコーヒーの温度だと亜麻仁油の酸化が気になるところですが、せいぜい1日2杯程度ならそれほど気にする必要もないんじゃ?

というのが私の個人的な考えです。

ただ亜麻仁油の安全ラインは「50℃以下」ということは常に意識はしていて欲しいです。

よければ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。