体にいい食生活

31(サーティワン)アイスクリームは着色料が怖い?安全性を検証!

あなたは31(サーティワン)アイスクリームってお好きですか?

お店まで足を運ばないと食べられないプレミアム感と、種類の豊富さが魅力ですよね。もちろん、味もめちゃ美味しい♪

…しかし、この31アイス。その見た目のカラフルさから「着色料が怖い」という声も多い様子。

原材料や添加物事情はどうなっているのでしょうか?植物油脂が使われているのかも気になります。(←ブログのテーマとしては最重要)

その安全性を検証してみました。

31(サーティワン)はどんなアイス屋さん?

31(サーティワン)アイスクリームって、どんなアイスクリーム屋さんかご存知ですか?

その名前や、お店の目印のロゴからして「外国から来たんだろうな~」ということは分かりますが、それぐらいしか私は知りませんでした^^;

えっと、この31アイスは、もとはアメリカ発です。バスキンさんとロビンスさんという2人の方が立ち上げられて、その名前を取り、アメリカでは「バスキンロビンス社」という名前で通っています。

でも、日本ではその名前ではちょっと馴染まないので、「31(サーティワン)」となったそう。

え?なんで“31(サーティワン)”かって?Baskin Robbinsの頭文字「B」と「R」をくっ付けると真ん中に「31」が出現するじゃないですか?(お店のロゴをよーく見てみましょう。)

だからだそうです。何だか可愛い名付けヒストリーですよね(*´ω`*)

そしてもう1つの31の由来。この31には…

1ヶ月(31日間)毎日違ったおいしさを楽しんでいただきたい

という思いが込められているそうです。ラインナップ豊富な31アイスだからこそ打ち出せるコンセプトですね!

とにかく“アイスの種類の豊富さ”では他の追随を許しません。だって、これまでに登場したフレーバーの種類は1200種類以上にも及ぶんだそうですよ。すごすぎ!

その中で、いつでも買えるスタンダードフレーバーは19種類。そのほか、毎月のおすすめフレーバー、シーズンフレーバーも魅力的なものがラインナップされます。

さすがに毎日買いに行く人はいないでしょうが、1年を通して考えてみても、これほど消費者を飽きさせないで楽しませてくれるアイスもほかに無いでしょう(*´Д`)

31アイスクリームには着色料がたっぷり?

さて、31(サーティワン)について大体分かったところで、本題に迫ってみたいと思います。

原材料や、着色料などの添加物…その安全性はどうなのか。

まず、31のアイスたちを見て1番に思うのが「着色料は使ってるよね(-_-;)」ということではないでしょうか?

だって…もちろん自然な感じのものもありますが、「これ絵の具混ぜてないよね??」というありえない感想を持ってしまうくらいどぎつい色のフレーバーも結構あります。(シーズンフレーバーに多いかな?)

これは実際どうなのかと言うと…

おそらく使っていると思います。

※絵の具じゃないですよ(笑)

それも危険性の高い人工的なものが!

はっきりと断言できないのは、公式サイトに原材料の記載が無いからです(-_-;)ネットを探しても、コレといった情報はヒットせず。。

ただ、後述しますが、コンビニで販売しているサーティワンのアイスにおいては確認することが可能です。それでは使われているようでした。(青○とか黄○などのタール系色素)

ただ、中には“天然由来”のものもあるようですけどね。でも、おそらく人工的な合成着色料がほとんどなんじゃないかなと思います(;´Д`)

ほかの添加物はどうなの?

気になる添加物は着色料だけじゃありませんよね?ほかのものはどうなのかというと…

  • 乳化剤
  • 安定剤(CMC、増粘多糖類)
  • 香料

はいー、ばっちり使われていますね(汗)

これも先に書いたように、サイトには載っていませんが、コンビニの31アイスの原材料で推測することができます。

そこですべてに使われていたので、おそらく店舗で売っているアイスにも使われているでしょう。多分。

31アイスに植物油脂は使われてる?

当ブログのテーマとしては、この点が最重要なわけです。

それは「植物油脂」を使っているのか、どうか?

じつは、世に出回っているアイスクリームには植物油脂が多用されているのが現実です。

《参考》↓

乳原料を使うよりもずっとコストを下げて作ることができるからですね。

でもそれは本物のアイスじゃない。油からできてるアイスなんて考えただけでも気持ち悪い(´・ω・`)

さて、その点31アイスはどうなのかというと…

おそらく大丈夫でしょう。

………。

ま~た曖昧な書き方をして!(`´)と思われたかもしれませんが、これには理由があります。

まず、31アイスの種類は、そのほとんどが「アイスクリーム」で、一部ソルベなどの氷菓となっています。

◆アイスクリームの分類

種類別 乳固形分 うち乳脂肪分
アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上
ラクトアイス 3.0%以上
氷菓 上記以外のもの

で、「アイスクリーム」と表記していいのは「乳脂肪分でできたものだけ」ということなので、植物油脂は使ってはいけないことになっています。

なので31アイスはその点安心なわけですね。でも、ここにはちょっとした落とし穴(?)が…。

↓のハーゲンダッツの記事でも書いているのですが、「ほかの原材料には使われている可能性がある」んです(-_-;)

【悲報】ハーゲンダッツでも植物油脂使ってるんだ…残念な事実が判明みんな大好きハーゲンダッツ!市販のアイスの中ではとても高級な部類ですが、その分安全性も高いとあって常に変わらぬ人気を誇っています。 ...

アイス全体で見ての大部分には使われていないはずですが、その他の細々した部分には使われている可能性があります。

チョコレートなどもそうです。どんなものを使っているのか分かりません…。

植物油脂を使っているチョコと使っていないチョコの違いって?無性に食べたくなるチョコ。食べ始めると止まらないチョコ。あなたはチョコレートって好きですか? 甘くてとろけて、なんとも言えない良い...

特にサーティワンのアイスは、バリエーションも豊富ですし、中にゴロゴロと何か入っているフレーバーも多いので…ちょっと怪しいです。

でもメインに使われていないと思えば、それほど気にすることでも無いのかな?とも思いますが。

サーティワンアイスの原材料を知る方法

ここまで長々と、31(サーティワン)アイスの安全性について書いてきているわけですが…何となく、もどかしいような、じれったい気持ちにあなたはなっているかもしれません。

ごめんなさいね。でも仕方ないのです。調べてもはっきりしたことが分からないのですから…。

しかし。しかーし!なんと「31アイスの原材料を知る方法」があることが判明。

(ごめんなさいね…。本当は最初のほうで分かっていたのですが、話の流れ的にここまで引きずりました・笑)

その方法とは…

お店に原材料が載ってる成分規格表が置いてある

はい、コレ!!(笑)

これは公式サイトのQ&Aに載っていました。店員さんに言えば見せてもらえるはずです。(壁に貼ってあるところも)

ネットではいくら探しても分からないことが、お店に行けばあっさり…です(;´∀`)

でも…こういうのって結構勇気いりません?もちろんアレルギーなどを持っている方は死活問題なのでちゃんとに確認したほうがいいですが、そうでないなら、なかなかできないですよね。

私はチキンなのでちょっと無理め(´・ω・`)

でも自分がいつも食べてるフレーバーはどんな原材料でできているのか?一度確認しておくと安心かもしれません。

健康志向の高い、らいおんハートのあなたはぜひ。

知ってた?コンビニで31アイスが買えるんだって

コンビニで31(サーティワン)アイスが買えるらしい。

この事実…あなたは知ってましたか?

私は知りませんでした。知ってびっくり。お店に行かないと絶対に食べられないと思っていましたから。

でも私と同じように知らない人は多いかも?なぜかというと…

販売開始したのが2016年7月と割と最近であることと、“特定のコンビニ”でしか販売されていないからです。

  • デイリーヤマザキ
  • ニューヤマザキデイリーストア
  • ヤマザキデイリーストア

といった「ヤマザキグループ」のコンビニでしか売ってないんです。

これがセブンイレブンとかファミマとかでも売っていたらもっと早くに知っていたんだろうけど、あんまり↑は行かないからなぁ^^;

(あとツイッターとかでも話題になったらしいけど、全く見ないからなぁ…)

というわけで、ヤマザキで買える31アイスの詳細情報はこちら↓

ヤマザキのコンビニで買える31アイスの詳細
  • 2016年7月から販売開始
  • カップアイスのみ
  • 容量:115ml
  • 価格:税込294円
  • 定番フレーバー4種類(ポッピングシャワー、チョコレートミント、ベリーベリーストロベリー、キャラメルリボン)
  • ヤマザキ限定フレーバー1種類(ジャモカコーヒー&チョコチップ)

※途中で、ヤマザキ限定フレーバーのナッツフォーユーが無くなり、代わりにチョコレートミントが追加されたみたいです。

やはり、定番フレーバーの中でも人気が高いものを押さえていますね(`・ω・´)

特に人気ナンバー1のポッピングシャワーが、コンビニで手軽に食べられるのは嬉しい方が多いんじゃないでしょうか。

メリットは…原材料が分かること!

ここまででもチラッチラッと書いていますが、公式サイトにも載っていない、ネットで調べてもいまいちよく分からない…

そんな秘密のベールに包まれた31(サーティワン)アイスの原材料が、コンビニで売ってる商品なら確認することができます!

裏面には当然、原材料欄がありますからね。

ここでネットで調べて分かったものだけご紹介します。

キャラメルリボンの原材料

乳製品、キャラメル、砂糖、水飴、香料、安定剤(CMC、増粘多糖類)、乳化剤、着色料(黄4、黄5)

ベリベリーストロベリーの原材料

乳製品、ストロベリー果肉、砂糖、水飴、香料、安定剤(CMC、増粘多糖類)、乳化剤、酸味料、着色料(果実色素、野菜色素)

クッキーアンドクリームの原材料※期間限定

乳製品、砂糖、水飴、クッキークランチ、香料、乳化剤、安定剤(CMC、増粘多糖類)、カロチノイド色素、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

ふむ…やはり世の中には知らないほうがいいこともあるのだな、とw

安定剤、乳化剤、香料、着色料…やっぱり避けられないですね(;´д`)

(ベリーベリーストロベリーとクッキーアンドクリームは天然着色料かな?)

これらは店舗のものと「絶対に同じ!」とは言い切れませんが、たぶん同じなのではないかと。(…思っているのですが、どうなんでしょう?)

「知らないほうがいい」なんて書きましたが、やっぱり知っていたほうがいいですね。そこからの自分の選択が全てですから。

あなたもコンビニで31アイスを買うときは、原材料のところをしっかりチェックするようにしてくださいね!

まとめ

アイスによく使われる植物油脂…というつながりで、今回は「31(サーティワン)アイス」についてまとめてみました。

植物油脂の心配はそれほどなさそうですが、代わりにほかの心配ごとが結構ありそう…という結果になってしまいました^^;

でも、これも何回も言ってるのですが、「たまに食べる程度ならそんなに気にしなくていいんじゃない?」というのが私の感想、本音です(笑)

私はというと…サーティワン大好きなのですが、月に1回食べるかどうかです。

毎日口にするならよくよく注意するべきですが、そこはご自分の状況と照らし合わせて考えてみていただければと思います。