いざ断油!いらなくなったサラダ油の捨て方【まとめ】

「サラダ油を捨てたいけど、捨てる方法が分からない…」というあなたへ。

油ってベタベタしていてお掃除も大変な厄介者。捨てるときもどうすればいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は「いらなくなったサラダ油の捨て方」をまとめてみました。

スポンサーリンク

いらなくなったサラダ油の捨て方

牛乳パック(紙パック)に入れて捨てる

どのご家庭の冷蔵庫にも1つはあるであろう牛乳パック。これを使えば油の処理も楽ちんです。

まずは牛乳パックの中に、新聞紙や不要になった紙を詰めます。そこに冷ました油を入れます。(自然発火予防に水も染み込ませると良い)

パックの口を粘着テープできっちり止めて、燃えるゴミに出します。

ポリ袋やレジ袋に入れて捨てる

「牛乳なんて飲まないよー」という人におすすめなのが、ポリ袋やレジ袋に油を入れて捨てる方法。なるべく頑丈な袋のほうが漏れの心配が少なく安心です。(袋を二重に重ねても良い)

袋の中に新聞紙や不要になった紙を詰めます。そこに冷ました油を入れます。(自然発火予防に水も染み込ませると良い)

なるべく空気を抜いて、最後は輪ゴムなどできっちりしばって、燃えるゴミに出します。

小麦粉や片栗粉で固めて捨てる

こんな方法もあるのかーと思ったのが、小麦粉などを使って油を処理する方法。どの家庭にもあるのでお手軽ですが、食品なので、やっぱりちょっともったいない…と私は思ってしまいます(;´∀`)

ポイントは「油がまだ熱い内」に、油と同量の小麦粉(片栗粉)を加えて混ぜること。冷めると固まるので、ビニール袋などに入れて燃えるゴミに出します。

油凝固剤で固めて捨てる

実は私は使ったことが無いのですが、油の捨て方として一般的なのが「油凝固剤」を使う方法です。「固めるテンプル」などが有名ですが、色々な商品が出ているようです。

油が熱い内に、油凝固剤を入れて混ぜます。冷めると固まるので(大体1時間程度)、ビニール袋などに入れて燃えるゴミに出します。

※固めるテンプルの場合、20g程で600mlの油を固められるようです。

油を捨てるときにやってはいけないこと

たまにサラダ油を「台所の流し」に捨てる人がいるようですが、これは絶対にNGです!

水環境を悪くしてさまざまな問題の原因になりますし、また、自宅の排水管が詰まる原因にもなってしまうので、気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

未開封のサラダ油(+容器)の捨て方

ここまでは、あくまで封を開けてしまった後のサラダ油の捨て方でしたが、では、「賞味期限切れなどで未開封の状態のサラダ油」を捨てたい場合はどうすればいいのでしょうか?

「そのままの容器ごと捨てていいのか?」それとも「中身を開けて別々に捨てたほうがいいのか?」ということですね。

これは「地域によって異なる」が正解です。

中身の油は可燃ごみですが、問題は容器。綺麗に洗えるなら「資源ごみ(プラ:容器包装プラスチック・ビン:ビン)」ですが、油が入っていたとなるとそれが難しい…。ベタベタしちゃってますからね。。

その場合、ビンに入っている油の容器は「不燃ごみ」

そしてプラスチック容器の場合は、地域により「容器包装プラスチック」「可燃ごみ」の2通りに分かれるようです。

どっちなのか…は、お住いの地域のホームページなどで確認してみましょう。

そして「可燃ごみ」である場合は、未開封の油を容器ごと「可燃ごみ」として捨ててOKということになりますね。

うーん…何ともややこしい。。全国で統一してくれたら分かりやすいのに^^;

リサイクル思考のあなたへ…

いらないけど、捨てるのはもったいない…そんなあなたへ。

サラダ油は、捨てる以外にも「リサイクル」することが出来ます。

自治体や企業やスーパーなどで、廃油回収を行っているところがあります。まずは自分が住んでいる近くには無いか?探してみて下さい。

(当然近くに無い場合もあります^^;)

その他には、手作りの石鹸やアロマキャンドルを作る方法もあります。これなら楽しく資源の有効利用が出来ますね^^

ただ石鹸を作る場合は、劇薬の「苛性ソーダ」が必要な場合があるので注意が必要。しっかり調べてから取り掛かるようにしましょう。

まとめ

いらなくなったサラダ油の捨て方をご紹介しました。

やはり簡単にできるのは「牛乳パック」「新聞紙」「袋」を使った方法かなぁと、個人的に思いました。

手に入りやすいし、家に大量にある可能性が高いので、凝固剤のようにわざわざ買う必要もなくてエコ。

とはいえ自分が一番やりやすい方法で、たまに揚げ物をしたときなどに試してみて下さい!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。