あった!植物油脂不使用のコンビニアイス5選!【注意点も3つ】

冷たくて、甘くて、美味しい。魅惑のアイスクリーム。

でもそんなアイスも、その多くが「植物油脂」を使っているとあり、“危険な食品”として知られるようになってきてしまいました…。

しかし!探せばあるんですよ。植物油脂不使用のアイスがね。

しかも身近なコンビニに売ってるアイスにもあるんですよ。その辺をリサーチしてまとめてみました。

スポンサーリンク

アイスの種類を知っておこう

植物油脂不使用のアイスを紹介する前に、まずは「アイスの種類」について知っておきましょう。

ここで言う種類とは、バニラ系だとか、チョコを使ってるとか、シャーベット系だとか、カップだとかコーンだとかそういうんじゃありません(笑)

乳成分の含有量による分類(種類分け)についてです。

一見して「アイス」として売られているものは、乳固形分、乳脂肪分の含有量により↓のいずれかに分けられます。

種類別 乳固形分 うち乳脂肪分
アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上
ラクトアイス 3.0%以上
氷菓 上記以外のもの
  • アイスクリームミルクの風味が際立つ。味も美味しいし、栄養価も高い。
  • アイスミルク … アイスクリームよりは劣るけど牛乳と同じくらいの栄養価。でも植物性脂肪が含まれているものも。
  • ラクトアイス乳成分が少なくて植物性脂肪がたっぷり。添加物もたっぷりめ。
  • 氷菓上記以外。乳固形分がほぼなく、氷を凍らせたもの系が当てはまる。

氷菓以外のアイスの場合、見て分かるとおり、ランクは上から順にアイスクリーム→アイスミルク→ラクトアイスとなります。

特にラクトアイスは、植物油脂のほかにも、安定剤、乳化剤、香料、着色料などの添加物が多量に使われているものも多いため注意。(とはいえ「アイスクリーム」でも結構使われてますが…)

因みに、「アイスクリーム」は、乳脂肪以外の脂肪を使ってはいけない決まりのため、「植物油脂」は使われていません。(でも、例えば“チョコレート”など、ほかの原材料に使われていることはあるようです・汗)

スポンサーリンク

植物油脂不使用のコンビニアイス5選

前置きが長くなりましたが、いよいよ選ばれしコンビニアイスの発表です!

一応付け足しておくと、ここでご紹介するのは「植物油脂不使用」のアイスなので、種類は「アイスクリーム」となります。

それではいってみましょう!

エスキモー MOW(モウ) バニラ

コスパの良いアイスとして大人気なのが、こちらのMOW(モウ)。

100円くらいで買えるのに、その内容がすごい。植物油脂はもちろん、なんとほとんどのアイスに使われている安定剤や乳化剤を使っていないんです。

これらを使わないと手間暇がかかり、コストが高くなってしまうのですが…それなのに安い。原材料を見てもとてもシンプルですよね。

もちろん、味も絶品だと大好評!

※ただし、ほかのフレーバー、抹茶やクリームチーズには「植物油脂」が使われてるので注意。。

原材料:乳製品、水あめ、砂糖、卵黄、カラメルシロップ、香料、(原材料の一部に卵を含む)

森永乳業 パルム アイスクリーム

まだ定番と言うには早いけれど、グイグイ人気を伸ばしているのが、森永の「パルム」です。

片手で気軽に食べれるバータイプ。特に大人に人気のようです。

パルムの特徴は、乳原料に、クリームだけでなくマスカルポーネチーズも使っているところ。ほかにはないコク深い味わいを楽しめます。

また、「アイスとチョコが一緒に溶ける」独自製法で、絶妙な口当たりも人気の秘密です。

※ほかフレーバーでは植物油脂が使われているものもあり。

原材料:乳製品、準チョコレート、砂糖、水あめ、卵黄、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、(原材料の一部に卵、大豆を含む

赤城乳業 ガリガリ君

こちらはほかと分類が違う「氷菓」ですが、植物油脂不使用のアイスに変わりないので紹介しちゃいます。

“昔ながらのアイス”と言えば、いの一番に思い浮かぶのがこのガリガリ君という方も多いのではないでしょうか?

…と言いつつ、私はこれまであんまり食べたことないのですが(笑)嫌いではないけど、やっぱバニラ系にいっちゃいますよねぇ(´ε`;)

安定剤、香料、着色料、酸味料…

うーん、シンプルにできてそうな氷菓でもやっぱり添加物は多いですね。

原材料:異性化液糖、砂糖、りんご果汁、ぶどう糖、ライム果汁、水飴、リキュール、食塩、香料、安定剤(ペクチン)、着色料(スピルリナ青、クチナシ、ベニバナ黄)、酸味料

グリコ 牧場しぼり(濃厚バニラ)

江崎グリコさんから販売の牧場しぼり。CMもやっているので知名度は抜群。バニラアイスの定番として定着してますね。

なんと言ってもその売りは、パッケージにも分かりやすく書かれている「搾って3日以内の新鮮なミルク」を使っていること。

なんでも「牧場で食べるアイス」を目指したのだとか。

バニラビーンズも入っていて、本格的なバニラアイスを食べたい人にうってつけです。

ほかラムレーズンや、期間限定でいろいろなフレーバーがラインアップ。(種類によっては植物油脂使用のものもあるため注意。)

原材料:生乳、乳製品、砂糖、水あめ、卵黄、食塩、バニラビーンズシード、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、カロチン色素、(原材料の一部に卵を含む)

ハーゲンダッツ

私だけじゃない、多くの人にとって「プレミアム」な印象を持つアイスがハーゲンダッツではないでしょうか。

だってお値段が…高い。高いよ。定番のミニカップは、こじんまりとしたサイズなのに、定価で300円近くしているのですものね。(スーパーでは安売りしてるときもあるらしいけど…)

でも、それも仕方がないのです。だって内容が素晴らしいから。

乳牛が食べる牧草にもこだわっていて、その自慢のミルクをたっぷり使った結果、乳脂肪分は驚きの15%!こんなに脂肪分たっぷりのアイスってほとんどありません。

さらにハーゲンダッツの何よりの魅力は、安定剤、着色料、香料などの人工添加物を使っていないところです。

つい値段ばかりに目がいきがちですが、やっぱりプレミアムな値段は伊達じゃないなって思いました。

※自然なミルク由来を大切にしているハーゲンダッツですが、食べやすいバータイプの商品や、ほかのフレーバーでは植物油脂が使われているものもあったのでお気を付けを。(ちょっと残念…)

原材料:クリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄、バニラ香料(原材料の一部に卵白を含む)

調べて分かった3つのこと【まとめ】

植物油脂不使用のコンビニアイスをご紹介しましたが、いかがでしたか?

それではここで、今回調べて分かったことを「3つ」のポイントにまとめてみたいと思います。

「アイスクリーム」でも添加物は多い

アイスの種類で1番ランクが上の「アイスクリーム」でも、そのほとんどに添加物が使われていることが分かりました。

乳化剤、安定剤、香料…これらが鉄板ですね(;´Д`)

ただ、ハーゲンダッツのように一切使っていない商品もあるので、ここは「コスト」を取るか?「安全性」を取るか?

という話になってきます。できれば後者を取りたいですが…

ただラクトアイスよりかは使われている量はずっと少ないと思われます。

バニラ以外のフレーバーは注意

今回、いろんなアイスを調べていて、どの商品もいろいろなフレーバーを出しているんだなぁと、そこが新しい発見でした。

まぁどのアイスも、鉄板&不動の人気はやっぱりバニラですけどね。なので今回ご紹介しているものもバニラ系で統一。

でも…ちょっと待ってください。

バニラでは植物油脂が使われていないものも、ほかのフレーバーになると…あれれ、原材料には「植物油脂」の記載が。。

そうなんです。バニラで大丈夫だと思っても、ほかのフレーバーはそうとは限らず、要注意なんです。

やはり全ての商品で原材料のチェックは必須と思いました。

どんなチョコレートか分からない

これも↑に似たポイントとなります。

まずはこちらのアイスの原材料をご覧ください。

ピノ(バニラ)原材料:
乳製品、チョコレートコーチング、砂糖、水あめ、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料(原材料の一部に大豆を含む)

はい、ピノですね。コロンとした形が可愛い、一口サイズで食べやすさも魅力のピノ。

私も大好きでした。でも、いつもいつも「6個であの値段は高いな~(‘A`)ウヘァ」と思っていましたw

まぁそれはさておき、注目すべきはその原材料。どこにも「植物油脂」とは書いていないので、今回の記事で紹介するつもりでいました。

しかし、改めて調べてみると、原材料の「チョコレートコーチング」にはパーム油が使われていることが判明。

そうなんですよ…。これはアイスに限らずですが、チョコレートが使われている食品は、それが

どんなチョコレートか分からない

怖さがあります(-_-;)

チョコについては「植物油脂を使っているチョコと使っていないチョコの違いって?」にも書いていますが、植物油脂が使われているもの、使われていないもの、カカオ分の濃さなど本当に色々なんですよね。

どんな食品も、“原材料の詳しいところ”まではなかなか分かりません。なので、チョコレートを使ったアイスの場合は、たとえ「植物油脂」の表記がなくても注意が必要となります。

(おそらく安価な商品では植物油脂が使われたチョコレートを使っていると推測…)

まぁそうは言っても。大抵は、メインのバニラに比べてチョコレートの割合はごく僅かだったりするので、そこまで気にするかは人それぞれだと思います^^;

まとめ

いかがでしたか?

わざわざ通販しなくても、それほど高くないお値段で(ハーゲンダッツは除く)、「植物油脂不使用のアイス」は買えることが分かりました。

ただし、その他の添加物、バニラ以外のフレーバー、チョコレート使用のものは注意、ということも分かりました。

ただ個人的には…「アイスってそんなしょっちゅう(毎日)食べますか?」と思うので(中にはいらっしゃると思いますが)、そこまで厳密に気にしなくてもいいのかな?と(;´∀`)

よければ今回の記事を、コンビニやスーパーで“少しでも安心して食べられるアイス”を探す参考にしてもらえたら幸いです!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。