脂肪酸について

トランス脂肪酸が本当に恐ろしいのは、その「不自然さ」

あなたが毎朝トーストにマーガリンを塗り、スーパーで売っている揚げ物の惣菜をよく買い、ポテチやチョコレートなどのお菓子が大好きなら、あなたは「トランス脂肪酸」を日常的に摂っていることになります。

さて、このトランス脂肪酸とは一体どんな脂肪酸なのでしょうか?

トランス脂肪酸が含まれているもの

トランス脂肪酸は、植物油に水素添加した際に作られる脂肪酸です。

そうしてできあがるのがマーガリンショートニング等の加工品。なので、マーガリンやショートニングにはトランス脂肪酸がたっぷり含まれていることに。

(中にはトランス脂肪酸0のマーガリンもありますが、これは基本的にパーム油を使っている、というカラクリがあります。パーム油も体に悪いと噂されている油なのでどちらにしても注意が必要です。。)

また、パーム油を含めた一部の植物油では、製品化される前に「脱臭」という工程が必要になり、この脱臭の段階でトランス脂肪酸が生まれます。

パーム油は、揚げ物の惣菜やさまざまな加工食品、お菓子に多用されているので、それらを口にすることは「=トランス脂肪酸を口にする」ということになりますね。

そしてちょっとびっくりなのが牛肉や乳製品にも含まれていること。

なんでも牛や羊などの反すう胃を持つ動物の体内では、微生物の働きでトランス脂肪酸が生まれるらしいです。

なので、牛や羊の肉、脂肪、乳からできる製品にはトランス脂肪酸が含まれています。

間違いなくトランス脂肪酸は体に悪い

トランス脂肪酸は「体に悪い」ということは、テレビやネットや本を見てる人にとってはもはや常識ですよね。トランス脂肪酸の害は主に以下の通り。

  • コレステロール値を上げ、心筋梗塞や狭心症などの心臓病の原因になる
  • 血液をドロドロにする
  • 固体となり体内に蓄積したものが皮下脂肪になり肥満になりやすくなる
  • 悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを減らす

などなど。

実際にトランス脂肪酸は体にいい作用はもたらさないので、体に悪いと思っていただいて間違いありません。

とはいえ、「日本人が日常的に摂っている量なら特に健康面に影響は無い」という情報もあります。

WHOによるトランス脂肪酸の許容量

WHOの情報では、トランス脂肪酸の1日の許容量は「2g未満」となっています。対して、日本人の1日の平均摂取量はおよそ「0.7g」となっています。

実際トランス脂肪酸の害が深刻なのはアメリカなどの外国で、その摂取量が日本とは比べものにならないほどなので、当然その影響も強く出ると言うわけです。

そういったことからアメリカでは食品のトランス脂肪酸の含有量の表示を義務化したり、販売を制限したりと厳しく規制されています。

しかし日本では先述したように「摂取量が少ない」ということで現在ではまだ規制がありません。

…でもこれってどうなんでしょう?

いくら影響は無いとは言ってもやっぱり自分が買う食品にはどのくらい含まれているのか、どのくらいの量を摂っているのか、は知りたいと思うのですが。(実際「ちゃんとに表示して欲しい」という声は多いそうです。)

色々な事情はあるのでしょうが、ここは知る権利を行使したいところです…(・ω・`;)

トランス脂肪酸の本当に怖いところ?

「摂るな!危険!」とも言うように悪名高いトランス脂肪酸ですが、マーガリン1パックを1日で平らげる…などよほどバカな食べ方をしなければそれほど気にする必要もないのかな?とも思えてきます。

しかし、やはり化学的な方法で抽出された「植物油」に化学的な方法を施し、その過程で生まれる「トランス脂肪酸」は不自然な脂肪酸なんです。

不自然な脂肪酸は代謝が正常に行われずに、体に蓄積されやすくなり、それがアトピーなどのアレルギー症状に繋がっているという声もあります。

不自然なものを摂り続ければ体の機能は徐々に狂ってきてしまうでしょう。

また、水素添加の過程で油の中のビタミンKが「ジヒドロ型ビタミンK」に変化。これが有害との説もあります。

このようなことから、同じトランス脂肪酸でも、先述した牛や羊など動物由来のものは自然なものなので安全性が高いと言われています。うーん、納得。

やっぱり不自然なマーガリンよりも自然なバターがいいなぁと改めて実感した私です。

あわせて読みたい
トランス脂肪酸0でも関係なし!マーガリンよりもバター派な私最近はマーガリンを控えるようにしている、というご家庭も多いのではないでしょうか。なぜなら「マーガリンは危険で体に悪い」という情報が知れ渡...

まとめ

トランス脂肪酸が体に悪いことは疑いようのない事実ですが、少量とる分にはそれほど気にする心配は無さそうです。

とはいえ不自然な化学構造をもつトランス脂肪酸はやっぱり怖い…。あとで何が起きるかわからない不安要素があります。

食の欧米化がさらに進めばそのリスクも高くなるでしょうし、常にトランス脂肪酸については意識しておく必要がありそうです。