管理人の体験レポート

生クリームからバターを作る方法~実際に作ってみた!【写真付き】

前々から興味があった「手作りバター」にこの度、初めて挑戦してみることにしました。

何でも初めてのことは不安が付きまとうもの。「本当にちゃんとにできる?」「めちゃくちゃ大変そう…」

そんな不安を胸に…いざ!さてどんな結果になったのでしょうか。

初めてのバターを手作り!用意するものは?

バターを家庭で手作りするのに生クリームが必要なのは知っていました。あと必要なのは作り方のレシピ。こちらはいつもお世話になっているクックパッドで。

▼今回はこちらのレシピを参考にさせてもらいました!▼
Cpicon 新鮮!生クリームから手作りバター1 by 料理人ken

フードプロセッサーやミキサーを使ったほうがおそらく簡単に作れると思いますが、ベタベタして洗うのが大変そうなので…。こちらはパッケージのままで作れるのでお手軽。

完成したら容器はそのままポイッと捨てられるので片付けが楽なのがいいですね。

用意するものは生クリーム(200ml)と塩(小さじ2)だけ。バター作りに余計なものはいらないのだ!

本来のレシピでは、賞味期限が迫っている半額で売っているような生クリームを使うことを推奨されていますが、今回は手作りの実験(?)のため普通の新鮮な生クリームを使用しています。

…いや割引で売ってるのがあったらもちろんそれがよかったのですが、早い時間帯に行ったので無かったのです;お値段は300円くらいでした。

タカナシの生クリーム、乳脂肪分35%です。時期がちょうどだったので、可愛いハロウィン仕様のパッケージでした(´▽`)

バターにする生クリームは、必ず無添加で原材料が「生乳のみ」のものを選ぶのが重要だそうです。乳化剤などの添加物が入っているとバターにならないようなのでこの点は注意してくださいね。

…と言いつつ、他のレシピでは乳化剤入りでもOKなものもありました。が、その場合はやはり機械を使ったりちょっとしたコツが入りそうな感じでしたので、手順としてはこちらが一番シンプルではないかと。

どうやってバターを作るの?答え「シャカシャカ地獄」

生クリームからバターを生成するために必要なこと、それは「振ること」ただこれだけ(笑)ただどんなことも言うだけなら簡単なわけで…

まぁ実際やってみましょう。

振る時間はとりあえず10分間に設定。レシピではそれくらいで音がしなくなる状態になるようなので…それでは早速始めます。

パッケージのままひたすらに、ただひたすらに…シャカシャカ。同じ手だと疲れてくるので途中で違う手にチェンジしたりして頑張って振り続けます。

そうこうしている内に10分が経過。しかしまだ水分が残っている音がします。引き続きシャカシャカを続行。

「…んん?音しなくなったかな…?(ゼィゼィ)」と思ったときには振り始めてから20分くらいが経過していました。ちょっと時間が掛かりました。。

しかしまだまだシャカシャカ地獄(笑)は終わりません!

その後はまた水分と分離するような音(ちゃぽんとかバシャッとか)がするまで振ります。個人的にはここからが一番辛かった…

中身がもったりして全く動きが無いせいかひどく重たく感じます。どれだけ振っても変化がないので、私の心は次第に不安にかられていきました…

「つ、疲れた…もう開けてしまおうか?」
「これは失敗したのか?」
「いや、これはもう成功してバターができているのではないか?」

色んな思いが錯綜する中、途中本気で開けてしまおうかと思いましたが、それは何となく嫌な予感がしたので、もう少し頑張ってみることに。

とはいえ腕の疲れもピークに近づいていたので、私は半ば半ギレで手の平に叩きつけていました。するとそこにわずかな光明が…!

また水分と分離する音がしたのです!でも大げさにではなく徐々に…という感じだったのでまだ不安はあったのですが、そこからもうしばらく振っていよいよ開封の時。

わぁ~バター…できてる!?

その後は小さじ2杯の塩を入れて軽く混ぜ混ぜしました。強く混ぜすぎるとしょっぱくなってしまうそうなので気持ち軽めに。軽く練りつつ水分を出していきますー

分離したこの水分はバターミルク。栄養がしっかり残っているので捨てるのはもったいない。後日パン作りに利用することにしました。

追記:パン作りに使いましたが、めでたく失敗しました\(^o^)/このバターミルクがしょっぱかったらしく、パンもあまり膨らまず、味もめちゃしょっぱく…バターの塩加減は良かったんですけどね。。

苦労して完成した手作りバター!(感動)

こちらが今回初手作りしたバターです!感動!

200mlの生クリームからちょうど100gのバターを作ることができました。

100gで300円くらいのバターはなかなかの高級品(笑)でも思ったほどハイコストでは無いかな?割り引かれたものだったらもっと安く作れますね。

因みに写真を見てもちょっと水分が多くてクリーム状になっているのが分かると思います。レシピや他の方の写真を見るともっと固形っぽいのですが、何でかな?(同じようにクリーム状の方もいます)

見てみると、レシピや他の方は乳脂肪分が45%や47%と高いものが多かったのでそれも関係しているのかもしれませんね。それとも振りが足りなかったのか…?いや、もうこれで限界です(笑)

そしてそして、できたての手作りバターをちょこっと味見してみました。

…美味しかったです(涙)まろやかでクリーミー。できたての新鮮だと思うとなおさら美味しく感じます。(苦労した分を加味するとなおさら)

塩加減もちょうど良い。手作りだと自分で塩分調整できるのがいいですね。

ああぁ…これでじゃがバターが食べたい!(後で美味しく頂きました←)

すぐに使わない分は小分けにラップして密封袋に入れて冷凍庫へ。

完全に水分を抜け切れていない場合は市販のバターよりも日持ちしないかもしれませんので、美味しさを損なわないためにもなるべく早めに使い切るのがおすすめです。

感想まとめ

初めての手作りバター…振り始めから封を開けるまでに25~30分くらいかかったでしょうか。

結構大変だった、という感想ですが、それでもでき上がったときの感動と市販品には無い美味しさが「また作りたい!」と思わせてくれます。

私の場合は「乳脂肪分がちょっと少なめ&新鮮なものを使った」ので固まりが悪かったのかもしれません。今度は賞味期限が迫っているものをお得にゲットして再チャレンジしたいです。

…そしてやってきた数時間後の筋肉痛(笑)普段いかに体を甘やかしているかが分かります。手作りバターのためにも上腕二頭筋を鍛えねば!←