スーパーに売っている身近な植物油に潜む「3つの悪」とは?

あなたは「植物油」にどのようなイメージを持たれていますか?

一昔前までは「植物性=ヘルシー=体にいい」このようなイメージを持たれていた方も多いのではないでしょうか?動物性の脂肪よりも断然体に良いと…

しかし、最近ではその常識が覆されつつあります。昔のイメージとは一転して、「植物油は体に悪い」と。

このように、イメージがガラリと変わったのには、植物油に潜む「3つの悪」が関係しています。それは一体なんなのか、詳しくご説明します。

スポンサーリンク

数々の研究結果で植物油に潜む危険が分かってきた

油と一口に言っても『詳しく教えて!「植物油」と「動物油」と「魚油」の違い』でもご紹介したように、何から摂れるか?でもその特徴は大きく違っています。

そんな中、私たち人間に最も身近な油はやはり「植物油」でしょう。

そもそも動物油(脂)や魚油は、肉や魚を食べるときに無意識に一緒に摂っているもので、「油」と認識して摂っているのは植物油だけだからです。

油と聞くと、スーパーに売っている棚に並んだ油(多くはサラダ油)を想像される方も多いかと思います。あれはほぼ全て植物油。

そうしてごく身近な油である植物油に関する研究データはたくさんあって、その結果から主に「3つの危険」が潜んでいることが明らかになってきました。

それはどのようなものなのか…1つずつご説明します。

スポンサーリンク

植物油に潜む3つの悪(危険)とは?

リノール酸

サラダ油を含めた植物油の多くにはリノール酸というオメガ6系列の脂肪酸が多く含まれています。

リノール酸は最終的に炎症を起こす物質に変わることが知られていて、その炎症が現代で蔓延するさまざまな病気の原因になっていると言われています。

例えば、がん、糖尿病、アルツハイマー病、動脈硬化、心臓病、アレルギー性の病気(花粉症、アトピー、ぜんそく等)など。

とはいえ誤解のないように言っておくと、リノール酸は人体に必要不可欠な脂肪酸の1つ。

食品から摂らなければいけない必須脂肪酸で、不足すれば、成長が止まる、毛が抜ける、皮膚の状態の悪化、脳が正常に機能しなくなる、などさまざまな悪影響が体に出ます。

ではどうしてリノール酸だけが悪者のように扱われているかというと…

摂りすぎているから。

このことが問題なのです。

リノール酸は植物油に多いと言いました。そしてその植物油は多くの食品に使われています。

するとどうなるか…?簡単に過剰状態となってしまうんですね。現に現代人の多くはリノール酸に偏った食生活を送っています。

リノール酸過多で体内の脂肪酸バランスが崩れた結果が、先述した多くの現代病の原因だと言われています。

トランス脂肪酸

多くの方が体に悪いものであると認識しているのが「トランス脂肪酸」です。あなたもよくご存知かもしれませんね。

《参考》トランス脂肪酸が本当に恐ろしいのは、その「不自然さ」

植物油とトランス脂肪酸は切っても切り離せない関係にあります。それは、トランス脂肪酸は、植物油に水素添加した際にできる脂肪酸だからです。

ただ少量ですが、植物油の「脱臭」という精製過程で生成される場合や、反すう胃を持つ動物の体内で微生物により生成される自然由来のものもあります。

とはいえトランス脂肪酸が多く含まれるのは、やはり植物油に水素添加してできるマーガリンやショートニングです。

摂り過ぎることで、リノール酸の害と同じような、血液ドロドロ、動脈硬化など体に悪い影響を及ぼします。

ヒドロキシノネナール

3つの悪の中で、一番聞き覚えのないのが、この「ヒドロキシノネナール」かと思います。一体全体それって何なの?とあなたも思われたのではないでしょうか。

私も山嶋哲盛先生の『「サラダ油」をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!』を読むまでは一度も聞いたことがない名前でした。

このヒドロキシノネナールはいわゆる「神経毒」というやつです。神経系に悪く作用する毒素。この毒素に神経細胞はやられてしまい、脳を錆びさせる原因になってしまいます。

神経系に作用するということは…?そこが基幹となる物忘れ、アルツハイマー病、うつ病、認知症の原因になってしまうということです。

そしてこのヒドロキシノネナールは“リノール酸を加熱”することで生まれます。(ここでまたリノール酸の怖さが…)

ほとんどの油は加熱調理用ですよね。多くの方が普通に料理をしているまさにその最中に、どんどんとこのヒドロキシノネナールが増殖されてしまっているのです。

特にリノール酸の多いサラダ油は危険ということ。体に影響するのも怖いですが、脳に影響するのもかなり恐ろしいことです。。

まとめ

スーパーに売っている身近な植物油には主に3つの悪が潜んでいる。

  • 体内で炎症を起こす「リノール酸」
  • 不自然な脂肪酸「トランス脂肪酸」
  • 脳に悪影響を及ぼす「ヒドロキシノネナール」

この悪から身を守るには、自分がいつも摂っている油にはどのような成分が含まれているのか、どんな影響があるのかをしっかり把握することが大事です。

良い部分だけでなく悪い部分も知って、自分で自分の健康を守れるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。