油が使われた身近な食品

トランス脂肪酸0でも関係なし!マーガリンよりもバター派な私

最近はマーガリンを控えるようにしている、というご家庭も多いのではないでしょうか。なぜなら「マーガリンは危険で体に悪い」という情報が知れ渡ってきたからです。

そしてその際引き合いに出されるのがバター。そもそもマーガリンはバターの代用品として開発されたのでこれは当然ですね。

実際「マーガリンよりもバターのほうが健康的」、これは事実です。その違いについて詳しくご説明しますね。

バターは自然、マーガリンは不自然

バターとマーガリンの違い、これは本当に大まかに言ってしまうと

「バターは自然、マーガリンは不自然な食品」

と言うことができます。

バターは牛乳や生乳から作られる自然食品なのに対し、マーガリンは植物油に水素添加という化学的な方法を用いて製造される加工食品です。

マーガリンはバターの代用品としてさまざまな食品に使用されています。

一度スーパーの中の食品をざっと見てみてください。食パンや菓子パンには必ず使用されていますし、ほとんどの菓子類に使われているのを確認できるでしょう。

コストのかかるバターよりも、安く大量生産ができるうえ、手軽に食感をよくし、常温保存もしやすいマーガリンは食品製造メーカーにとっては必要不可欠なものなんですね。

しかし、やはり口にするのは不自然なものよりも自然なもののほうが絶対に良いわけで…。

マーガリンの何がいけないの?

マーガリンにはその製造過程の“水素添加”の段階で発生する、健康を害することで有名な「トランス脂肪酸」が含まれています。(因みにバターにも自然由来のトランス脂肪酸がわずかに含まれます。)

あわせて読みたい
トランス脂肪酸が本当に恐ろしいのは、その「不自然さ」あなたが毎朝トーストにマーガリンを塗り、スーパーで売っている揚げ物の惣菜をよく買い、ポテチやチョコレートなどのお菓子が大好きなら、あなた...

ほかにも、もともとの植物油がリノール酸過多のサラダ油であったり(油を80%強の割合で使用)、製造過程で高温加熱もされるため「毒素」の発生もあったりと気になる点がいくつもあるのです。

このように、自然由来のバターとは違い、マーガリンにはさまざまな不安要素がつきまといます。

買う側としてもいつでも安く手に入るマーガリンは魅力的でつい手が伸びてしまいそうになりますが、その際は「バターとは違うんだ」ということを思い出してください。

トランス脂肪酸0のマーガリンもあるけど?

トランス脂肪酸の害が叫ばれるようになってからは、トランス脂肪酸を少なくしたものや、フリー、含有量0を謳ったマーガリンが登場しました。

ここで1つ疑問が浮かびませんか?

植物油に水素添加してできるのがマーガリン、そしてその水素添加でトランス脂肪酸が発生するのにどうしてトランス脂肪酸0のマーガリンができるの?と。

その答えは、原材料を、不飽和脂肪酸が多い植物油ではなく、飽和脂肪酸が多いパーム油の使用に切り替えているから、です。

常温で液体の不飽和脂肪酸を固体化するための処理が水素添加、もともと固体であるパーム油を使うことでトランス脂肪酸の発生が抑えられるというわけなんです。

しかし、肝心なそのパーム油だって安全な油ではありませんし、(⇒パーム油について)精製過程の「脱臭」でトランス脂肪酸は含まれてしまっています。

…こうなると、たしかにトランス脂肪酸は少ないのかもしれませんが、どっちもどっちのような気がしてくるのは私だけではないはず(´・ω・`)

(因みにトランス脂肪酸0を謳っていても、日本では食品100g中にトランス脂肪酸量が0.3g未満の場合は0と表示できるそうです。えっ…)

とにかくトランス脂肪酸だけが気になるなら…

とはいえ、中には「とりあえずはトランス脂肪酸が心配。入っていない(または少ない)なら使いたい」という人もいるかもしれません。

その場合、有名なところでは「雪印ネオソフト」がトランス脂肪酸含有量100g中0.8%と少なく、入手のしやすさもあり人気のようです。

因みにどの程度のトランス脂肪酸は摂っても大丈夫なのか、WHOによるとその目安は「1日2g未満」とのこと。それに対し、日本人の1日の平均摂取量はおよそ0.7gと下回っています。

少量食べる分には普通のマーガリンでもトランス脂肪酸の少ないマーガリンでも大差は無いでしょうし、健康面にもそれほど影響は無いと思われます。

しかし、少しでも気になるならマーガリンは控えてバターを選んでおくほうが得策です。

私はその味わいもそうですし、健康を考えてもこれからもずっとバター派でいこうと思います。(バター不足のときはひたすら我慢…?いや、手作りでしょう!)

まとめ

バターとマーガリンの違いやトランス脂肪酸が少ないマーガリンについてお話しましたがいかがでしたでしょうか?

1つは、「日本人はもともとの摂取量が少ないからそれほど気にする必要はない」ということが言えるかと思います。これは個人でどう感じるかですね。

「少しだから大丈夫」と思うか、「少しでも嫌!」と思うか…。偏屈と思われるかもしれませんが、私は後者ですので、これからもバターを美味しくいただこうと思っております(^ν^)

あ、もちろんバターも食べ過ぎ、摂り過ぎは注意です!