女性に朗報!油を変えてまずはじめに変化が現れるのは「肌」らしい

「ローマは一日にして成らず」「塵も積もれば山となる」といったことわざが示すように、目標を成し遂げるためには毎日コツコツと欠かさず努力していくことが大切になります。

「体質改善」はその最たるものではないでしょうか?1日や2日食事内容や生活態度を変えたからといって特にコレといった変化は起きませんよね。

ですが、女性が気にしてやまない肌状態。これは毎日の油を変えることで比較的早い段階で具体的な変化を実感できるかもしれません。

スポンサーリンク

肌は約1ヶ月ほどで目に見える効果が現れるかも?

脂質は多くの生物が生きていくうえで欠かすことの出来ないものです。我々人間にとってはもちろん、ワンちゃんや猫ちゃんなどペットにとってもそう。

摂った油の内容がそのまま細胞レベルで影響します。(細胞を覆う細胞膜を構成しているのは主に脂質)

体は細胞で出来ているのでそれがいかに重要か分かりますよね。そしてお肌の状態を左右する「肌細胞」も例外ではありません。

極端な話、「体にいい油=肌にいい油」と言い換えることが出来るでしょう。そして毎日の油を“体にいい油”に変えた場合、最も早く肌細胞=肌状態に変化が現れるかもしれないのです。

その期間、約1ヶ月間。人によっては3~4週間で違いを実感できる人もいるそうです。

細胞が生まれ変わるのに、筋肉や肝臓などは約2ヶ月間、骨は約3ヶ月間と言われているので、いかに肌細胞の代謝サイクルが早いか分かりますよね。これは「女性に嬉しい事実」ではないでしょうか!

スポンサーリンク

まずは3ヶ月間「体にいい油生活」を徹底してみよう

肌に限らずですが、筋肉、骨…と、約3ヶ月ほどで全身の細胞が生まれ変わるってちょっと早いなぁと思いませんでしたか?

体質改善と言うと、最低でも数ヶ月~長いと数年のスパンがかかる印象でしたが、やはり細胞を構成する「脂質」のレベルを高めることは非常に効果的なんですね。

もちろん性別、年齢、生活習慣…一人ひとりの状況は違うので、全員が同じ期間で効果を実感できるとは限りませんが、それでも「体にいい油生活」を意識することで確実に細胞は良い状態に生まれ変わっていきます。

冒頭でも書いたように、何かを成し遂げるには1日、2日では無理です。でも1ヶ月~3ヶ月くらいなら頑張れそうですよね。

まずは「とりあえず3ヶ月間」と決めて、悪い油をやめていい油を摂るように心掛けてみませんか?

「体にいい油」と「体に悪い油」って?

肌はもちろん体全体の健康のために毎日の油を見直してみましょう。そのためには「体にいい油」と「体に悪い油」を知らなければいけませんね。

体に悪い油は、主にリノール酸が多い植物油(サラダ油等)、オメガ6系の油、マーガリンやショートニングなどに含まれるトランス脂肪酸などがあげられます。

これらの油は現代人が摂りすぎていて、血管をつまらせたり脳の機能を狂わせたりといった体に悪い影響を与えます。

逆に体にいい油はαリノレン酸を含めたオメガ3系の油です。亜麻仁油やえごま油などの一部の植物油、青魚の魚油成分であるDHA・EPAがそれに当たります。

体にいい油は体に悪い油の真逆の作用がある、と覚えておくといいでしょう。

ただ、いくら体にいい油を摂っていても、両者はいわば同じパイを奪い合っているような関係なので、より多く摂っているもののほうが体に有利に働きます。

現代人では「体に悪い油」が圧倒的に優勢なのです。

これを見直して、体に悪い油を控えて体にいい油を摂るようにすることが細胞の活性化に繋がり、肌や体全体の健康に繋がっていきます。

まとめ

もう年だから…と優れない肌状態を諦めていませんか?

毎日のちょっとした心掛けで、もしかすると1ヶ月後には肌に嬉しい変化が現れるかもしれないのです。これは試さない手はありませんよね。

また「体にいい油生活」を続けていけば、肌だけではなく体全体が生き生きしてくるのをきっと実感出来るはずです。まずは3ヶ月…あなたも挑戦してみませんか?

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。