「ぼんやり」が「スッキリ」に!DHAが頭の回転を良くする3つの理由

あなたは「頭の回転が速くなりたい」と思ったことはありませんか?

心身ともにエネルギッシュな若い頃にはなかなか感じないことかもしれませんが、年を取ってくると「なんだか頭がぼんやりする」「何をするにも段取りが悪くなった」このようなことが頻発します。

また多くのことを考えて記憶しなくてはいけない受験生にとっても切実な願いではないでしょうか。そんな“頭の回転”にどうやら「DHA」が良いらしいのです。

スポンサーリンク

DHAが頭と脳の働きに良いと思われる「3つ」のポイント

受験勉強や仕事の効率をアップさせるには、頭の回転をよくする必要があります。

…というよりも、日常生活において、頭が働いていない状態だと何をやっても上手くいかないことが多いですよね。出来るならばいつでも頭はすっきり、シャッキリしていたいもの。

そのために有効な方法の1つが「DHAの摂取」です。ここでは詳しく「頭の回転を良くするためにどうしてDHAがいいのか」を3つのポイントに分けてご紹介したいと思います。

1、DHAは脳の活性化に役立つ

「DHAは脳の活性化に役立つ」とはよく言われていることですが、これだと漠然としていてちょっとイメージしづらいですよね。

実は、DHAは脳の神経細胞の膜の材料になる貴重な栄養素なんです。(因みに同じ青魚の成分であるEPAは脳に入れません)

もともとDHAは脳にたくさん存在していてそれが正常な状態なのですが、現代人の食生活を考えると不足傾向に…。

DHAは脳の細胞膜をしなやかに保って神経伝達をスムーズにしてくれるので、不足すればその機能が落ちて、逆に十分だと文字通り「脳の活性化」に効果的と言うわけなんです。

2、脳に酸素をしっかりと届ける

あなたが毎日昼夜問わず絶対にしていることって何でしょう?それは「呼吸」です。生き物は酸素が無くては生きていけませんよね。

そして脳が正常に働くのにも「酸素」が絶対に必要不可欠です。

脳に送られる酸素が十分でないと、しっかり睡眠をとっているのに眠かったり、体がだるかったり、あくびがたくさん出たり…そして当然「頭の回転」も悪くなってしまいます。

酸素とDHAにどんな関係が…?と思ってしまいますが、実は酸素は血流に乗って脳に届くので、血管状態がかなり重要。

DHAは血液をサラサラにして巡りを良くするので、脳にしっかりと酸素が行き渡るようにしてくれるんですね。

3、自律神経の乱れを改善する

精神的、肉体的にさまざまな不快症状を引き起こす「自律神経の乱れ」。“神経”と言うくらいなので、当然脳や頭の働きにも深く関わっていることが分かりますよね。

「ボーっとして頭の回転が悪くなってしまう症状」もやはり1つの症状として当てはまります。とはいえ頭の回転に限らず、体全体の健康のために自律神経を整えることは大事と言えます。

そこで自律神経を整えるのに効果的な食品を知って、不足しないよう心掛けるようにしましょう。「不安、イライラ、肩こり…自律神経の乱れからくる症状にDHAがいい理由」でも書いていますが、DHAもその内の1つとなります。

スポンサーリンク

頭の回転を良くする方法はDHA以外にも色々ある

ここでは頭の回転を良くするための方法として「DHA」に絞ってご紹介してきましたが、もちろん他にも効果的な食品や対策は色々とあります。

当たり前の話ですが「DHAだけ摂っていればいい」というわけでは無いので、その点誤解のありませんように。。

世の中には「○○に良い」という情報はたくさんありますが、結局は何事もバランスよく…が一番いい結果を生みます。DHAの場合も、「たくさん摂りましょう」と言うよりも「不足しないように気を付けましょう」のほうが合っていると言えますね。

icon-check-b-r DHAの摂取以外に以下のようなことも脳力アップ、頭の回転速度のアップに効果的なので、是非意識するようにしてみてください。

  • 脳のエネルギーとなる「ブドウ糖」を制限しすぎない
  • 朝食は抜かずにしっかり摂ると栄養+刺激で脳の働きが良くなる
  • ご飯はよく噛んで食べるようにする
  • 緑茶やコーヒーは脳の活性化に良い飲み物
  • 歩いたりストレッチなどの軽い運動は血流促進に効果的

まとめ

頭の回転が速くなると、同じ時間でも出来る作業量に大きな差が出てきます。日常で「考える」「覚える」ことが多い人の場合は特に気にしたいことかもしれません。

それに何をするでなくても頭がすっきりしていると、文字通り気分がいいですよね。

最近何だかボーっとする…と思われているあなたは、是非その対策の1つとして「DHA」に注目してみてください。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。