油で病気予防

溜め込みがちなあなたへ。DHA・EPAが便秘解消に良い2つの理由は…

「体にいい」というイメージが定着している、DHAとEPA。期待できる効果は両手の指を使っても足りないくらいに多いです。

そして、その中の1つに「便秘解消効果」があります。

女性に限らず、日本人は便秘持ちが多い人種です。健康を気遣ってとっているDHA・EPAが便秘にも効果的なら嬉しいですよね。

そこのところ、実際はどうなのか…詳しく調べてみました。

DHA・EPAは便秘に良いって本当?

結論から言うと、「DHA・EPAは便秘に良い」と言えると思います。

ただ、便秘解消に効果が絶大な成分が入っている…とかそういう類のものでは無いことを先に伝えておきます(;・∀・)

DHA・EPAが便秘に良い主な理由は

  • 油不足を解消
  • 血行促進効果

の2つです。1つずつ見ていきましょう。

油不足を解消して便秘を解消する

便秘の理由の1つとして、ただ単純に「油分が不足している」ということがあげられます。

「体にいい油もある」という認識が広まってきてはいますが、やはりそれでも、まだまだ「油は体に悪いもの」というイメージが強く、油を過度に制限している人もいるのが現状。

特に「ダイエットに油は大敵」とのイメージから、痩せたい若い女性などでは、油を摂ることに必要以上に恐怖を抱いている方も少なくありません。

そうして油を摂らなすぎると便秘になりやすくなってしまいます。

想像してみて下さい。油ってヌルヌルしていて、その上を歩くとツルッと滑ってしまいそうになりますよね。

まさに、これが良いんです。油分は腸で潤滑油のような役割をしてくれて、便を柔らかくして滑りを良くすることで便秘解消をサポートしてくれます。

肌だって適度な油分がないとカッサカサ状態(-_-;)しなやかさが失われてしまいます。腸内でも同じことが言えるんですね。

油ならどんな油でも良い?

単なる油不足による便秘でしたら、油分を補えるものなら何でも良いということになります。…たとえサラダ油だったとしても。

でもそれでは健康を害してしまうので、やっぱり摂るなら「体にいい油」で油不足を補いましょう。

ここでいう体にいい油とは…DHA・EPAを含むオメガ3系の油です。

DHA・EPAは魚油に含まれる成分なので、脂の乗った青魚などを食べることで良質な油をしっかり摂ることができます。

他には、亜麻仁油やえごま油もオメガ3系の油。魚と違って摂りやすいので、魚が苦手な人にはこちらがおすすめ。

体に悪い油は制限しても、体にいい油は適度に摂って、便秘にならないようにしましょう。

危険なメーカーが分かる!?後悔しないえごま油の選び方一時期は絶賛品薄状態で、通販サイトから姿を消していた「えごま油」も、今は無事にもどってきており、価格も正常になっています。 いやは...

血行が良くなることは便秘にもいい

油について、そして健康について調べていると、改めて、「血行が良くなることで期待できる健康効果」の多さに驚きます。

その中の1つにあたるのが「便秘解消効果」。

まず、どうして血行が良くなると体が健康になるのか、ぼや~っとでもいいので、知っておいて欲しいと思います。

体には血液が流れていますよね。そして、その血液に乗って酸素や栄養が体中に運ばれていきます。

では、その流れが滞ってしまったら…?当然、酸素や栄養が各器官に十分に運ばれなくなってしまいます。そうなったら大変。

体中の機能が上手く働かなくなってしまいます。それはまさに不健康状態。

だから、血行が良くなれば、その逆の状態(健康)になるということ。

かなり簡単な説明ですが(笑)血行促進が健康に与える影響は非常に大きいと言うことです。

…便秘に話を戻しますと。

血行が良くなると、当然、腸の血行も良くなります。栄養もしっかり運ばれて、腸が元気になります。

すると腸のぜん動運動が活発になり、結果的に便秘解消に効果を発揮してくれるというわけです。

DHA・EPAは、血行促進効果が期待できる食品の代表格。しっかり摂ることで、便秘解消をはじめ、“血行促進による”さまざまな健康効果を期待することができるでしょう。

まとめ

ドカンと便秘解消に効果を発揮するわけではありませんが、長い目で見て、DHA・EPAは便秘に悩む人の心強い助けとなってくれるのは間違いありません。

便秘だけではなく、他にもさまざまな効果が注目されているので、摂らない理由はもはや見当たらないかも?

便秘に悩んでいるなら、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。